課題を与えるとき

こんにちは。

子どもたちに宿題や課題を与える時があると思います。

例えば、子どもが学校や塾のテストが出来なかったとします。親としては、子どもが出来ない課題があった時に、出来ないことをできるようにいしたいと思います。

そこで、学校からの宿題以外に市販のテキストを子どもにやらせて、なんとか子どもが出来るようにしたいのが常だと思います。

そこで注意したいのが与え方です。与える量が多すぎても子どもたちの出来る量というのは限られています。大人と子どもではやれる量が違うので考えてあげないといけません。与えすぎるとやる気をなtくしますし、量が少なすぎるとあまり課題が少なくてなかなか進みまずに、親としてはジレンマです。

そこは子どもと話してみてどれくらいできるか話してみてどれくらいできるか相談しましょう。

あとは、同じような問題を解かせていても飽きてくるので与え方も注意が必要です。テキストも、なるべく絵が多いものが分かりやすくていいかもしれません。テキストの問題が文章題よりは、絵を見て答えるような課題が子どもたちにとっては分かりやすくていいかもしれません。

子どもたちの人生に役立ててればと思います。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください