学校で教えてもらえること

こんにちは

ちょっと固いことをお話ししたいと思います。

うちの子どもは小学校に行っていますが、小学校で教えわることは、大切ではありますが、基本的には、文部科学省の承認が得られた教材しか使うことはできません。また、先生たちは、教育法に乗っ取り、学校で仕事をされています。

もっと詳しく言いますと文部省の中でも中央教育審議会が小中高の学習内容をどうしていくか決めていきます。

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/

古くは、江戸時代に寺子屋制度で、各藩で教育機関があったところが時代を経て今の学校になっている経緯があります。

なので、基礎的な足し算、引き算、掛け算、割り算などの算数や、文の読み書き、漢字などの国語などを教えてくれるのですが、想像的な学習というのは、なかなか教えてくれません。

日本人は、識字率が高い一方で、作業重視なところがあります。計算力はとても高いのですが、応用力が弱いところがあります。つまり、直面している問題に対して、どのように問題を解決していくかは、弱い部分でもあります。

僕のいたオーストラリアでは、基礎的な知識も習いますが、今ある問題に対してどう対処するかを習うことは非常に多いです。幼稚園でも、なぞなぞや問いかけが非常に多く自分の意見を述べたりします。一方で、オーストラリアでは、小学校でも算数は決まったカリキュラムはなく先生次第です。ですので、先生次第で子どもたちの習う内容や考え方は違ってきます。なので、お金のある人オーストラリア人の方は、なるべくお金をかけているいい先生が集まる私立の学校に子どもたちを活かせていることも多いです。

それに対して、アジアの学校では、カリキュラムに基づいて各教科を習うことが多く、教える内容が決まっていることが多いです。そのため、先生の質もあるかと思いますが、教科書内容がしっかりしていれば、オーストラリアと比べれば、子どもたちが一定の内容を学べるので良い部分でもあります。

なので、基礎的な学習については、学校に任せてい置いて、家では想像的な学習を習ことは親の大切なことかと思います。創造的な学習といっても難しく考える必要は無くて、なんでもいいかと思います。絵日記でもいいですし、折り紙で動物を作ってもいいかと思います。色鉛筆で画用紙に書かせてもいいかと思います。最初は下手でもいいですし、とにかくほめてあげながら創造的な学習が出来ればと思います。

子どもに国語を教えるとき

こんちには。

うちの子どもは、まだ国語が苦手なので、文章読解が大変です。

1つの段落内の誰がとか、何処とかは、分かりますが、段落を超えたりすると分からないです。特に、一つの文の中で、二つの文章がある時は、特に低学年のときは、分かりにくいものです。少なくても小二のうちの子どもはそうでした。

例えば、

「私は、八百屋さんが、野菜を売ること、をいいことだと思います。」

です。

この文章は、二つ文章があります。

1つ目:主語が「私は」で、述語が「いいことだと思います」

2つ目:主語が「八百屋さんが」で、述語が「野菜を売ること」

これを分かりやすく説明するためには、子どもの学習度や理解度を理解しないといけないかと思います。

うちの子は、まず、どちらの主語が、どちらの述語が分かりませんでした。とりあえず、「私は、思う」ということと、「八百屋さんが野菜を売る」という意味を教えて一日の宿題の時間は終了しました。

今回教えていて思ったことは、

子どもの目線に立ちながら、何処を理解しているのか理解していないかを、親が理解することは親が自分たちのこどもを教えるために大切だと思いました。

小学生1年生の読解教材は理解できるのか、2年生の読解教材をやらせてみてどの段階が分かっているか見てみる。子どもに某通信教育の教材を一年間やらせてみましたが、ペースや内容についていけず、諦めました。まず、子どもたちに勉強をしえるとしても、子どもたちがどこを理解を理解していて、何処を理解していないかをみてみることは大切だと思います。

子どもたちの理解度を見つけるのは簡単です。なんでもいいので教材をやらせてみて、やれればその段階は分かっているかと思います。では、少し難しい教材をやれせてみてできるかどうかを見てみます。1時間やらせてみて、頑張って出来なければ、その段階の教材はあっていません。

これは、塾や通信教育を選ぶときも同じかと思います。子どもたちの段階にあったものをえらで明けたほうがいいかと思います。

恐竜漢字日記1

前に子どもたちが勉強したくないときに、恐竜漢字ドリルをご紹介しました。

そこで子どもに見せたら張り切ってやるようになりましたが、中身は、漢字の解説があるわけではないので、どこを調べたらいいかわからないと言われました。確かに、ステゴサウルスの様子を分で書いているのですが、1-6年生までに習う漢字が書かれておらず自分で調べて埋めていかないといけません。

以前から、うちの子どもは見て覚える子なので、絵で覚える漢字辞書を買いたかったのでこの際に買うことにしました。

この本は、小学校で習う漢字が1026文字程度記載されてます。音読み、訓読み、画数などいろんな方法で調べることができるので便利です。早速子どもに触ってもらいましたが、大好きな恐竜なので、好感触だったようです。ただ、ここで難しいのが、同じ読み方の幹事はたくさんあるので、どの漢字を使ったらいい変わらないとのこと。個人的には、子どもが漢字辞書と漢字ドリルがあれば一人で勉強してくれるかなと思いましたがどうやら違ったようです。

もちろん恐竜漢字ドリルにも漢字を覚える事典にも、何年生で習う漢字かは記載されてますが、そこは、親が助けてあげないと子どもが単独で漢字を勉強をするのは、むずかしいかもしれません。いずれにしても、勉強に嫌いにならないように興味を持ってもらいながら、自ら勉強をするようになるのはまだまだ先のようです。

なるべく子どもたちが成長できるようにしてあげたいものです。

こどもたちの時計の読み方がおかしい?

こんにちは。

1年生の後期に、うちの子どもに時計の読み方を教えているときに、うちの子だけかもしれませんが、読み方が難しかったようです。当然ながら、何分前、何分後も分かりませんでした。

何度か、時計の読み方を教えてみたのですが、3か月くらいかかりました。

教え方は、時計の読み方をまず教えます。そこでしばらく慣れてくるのが分かるようになりました。

しばらくして別の日に時計の読みからを聞くと、わからないといいます。

2か月くらいはこれの繰り返しでした。根詰めて毎日教えていてもこちらがめげてきたので毎日は教えなくなりました。ここで困り果てました。

原因を数日考えていると、最近の子どもたちは、デジタル時計に慣れていることが多いためアナログの時計になれていなのかなと思いました。パソコン、スマホやテレビでの時計のデジタル表示が、私が子どものころに比べるとても多くなったと思います。

うちの子は、目で見て触って覚えるのが多いので、100均で安い時計を買ってきて時計がどのように動くのか、今いつなのか、あとどれくらいたつと何時なのか、実際に見せてあげました。

子どもに実体験させたり、見せたりするのが一番覚えやすいので、なるべくわからないことは、Youtubeで探してき動画を見せてあげたり、物を買ってきたり、普段の生活の中で、今何時とか聞いてあげたりとしたりして、最近ようやく慣れてきました。

親が子どもに教えてあげるというのはなかなか難しいものです。ただ、先生たちから聞くと、しっかり家で教えてあげられている&フォローされている子どもは、違うと聞くことが多いです。

なるべく子どもたちの力になってあげたいものです。

子どもが勉強したくないとき

こんにちは

子どもを勉強させようとしても勉強してくれないときはありませんか。

うちも昨日の夜はそんな気分だったようです。うちの子は、まだ、日本語が不慣れなので、好きな漫画を声に出して読ませています。特に、かいけつゾロリが大好きです。漫画なので文字数がすくないですが、本人に日本語を読ませることが大切だと思っています。

あとは、漢字の勉強が不慣れなので中々勉強してくれません。そこも子どもが大好きな恐竜を元にして、恐竜で漢字を勉強しています。これは、購入したので後日体験談を載せてみようと思います。

子どもがそれぞれ興味があるものはたくさんあるのでそういったものをとっかかりにして勉強が徐々にできるようになってもらえればと思っています。

学校で子どもたちが算数が分からない理由

こんにちは。

今日は算数の教え方です。うちも子どもに算数を教えるときは手を焼きます。でも、生活の中で数を数えることはとても大切です。

ただ、子どもに算数を教えようと思ってもなかなかわかってくれません。それは、子どもたちの頭の中で、イメージが分からないからです。大人はみんなやってきたことだから、イメージできるのでよくわかります。

公立の学校教育は、決められた教科書しか使えません。それは、表現の仕方が国の承認の下りた教科書しか使えないからです。ですので、表現が限られているので、分かる子どもは分かりますが、分からない子どもは分かりません。効率の学校の先生も限らた予算の中でなるべく良い教材を選んだとしても限りがあるので仕方ないのです。

一方でお金のある私立やインターなどは、タブレットや分かりやすい絵が入った教材をふんだんに使います。ですので、子どもたちも教育リソースが限られている効率に比べると理解が早いかと思います。また、一般的な、教育通信では、分かりやすいように絵が使われていたりします。でも、通信教育の利用の仕方は、親がある程度内容を理解していないと、子どもたちも理解しづらいです。この点は、後日別の記事でブログにアップできればと思います。

話はもどして、うちも公立ですので教科書の表現が分からないことがあります。ですので、例えば、下記のような画像の沢山ある本を見繕って一緒に勉強したりしています。詳しくは、後日書きたいと思います。今日は、なんで子どもたち学校の算数が分からないか書きました。次回は、親がどうしたら算数を教えたらよいか書きたいと思います。

子どもの教え方について

初めまして

うちの子どもが、今7歳の小学2年生なので、うちの教え方が皆様のお役に立てれればと思います。

なんでこのブログを立ち上げた経緯は別の機会の書きたいと思います。

子どもたちを教えるのは大変ですよね。親は先生じゃないし、でも子どもたちはたくさん質問を聞いてきますし。教えるのは、大変ですが教えた分だけ子どもたちは応えてくれます。

まず、うちの子どもは、3歳の時、オーストラリアにいたので、最初にならった言葉は、英語でした。子どもも、僕(日本人)と奥さん(外国人)夫婦の会話は、英語でしているので自然と子供も英語で話してます。

で去年小学校入学時に当然日本語があまり話せず、苦労をしました。今も苦労してますが学校生活には支障ないようです。

その過程で分かったのですが、うちの子どもは自己学習型でした。そのことがよく分かったのですが、運動会の練習の時のダンスがまったく踊れませんでした。先生から何度も連絡が来ました。

そこで先生と相談して、元となるダンスの名前を教えてもらい、YouTubeで探して子どもに見てもらいました。そしたら、いきなり踊れるようになったのです。先生もびっくりしていました。

そこで気が付きました。うちの子は完全に自主学習タイプなんだと。今も教えていてわからないことがあれば、時々YouTubeから探して見せています。

行動学的には、人の学習タイプとして、3つのタイプがあります。聞いて覚えるタイプ、見て覚えるタイプ、手を動かしたりと行動して覚えるタイプです。もちろんこの3種類をミックスしたタイプをいますし、どれに当てはまらない子もいます。

そこからするとうちは見て覚えるタイプですが、自分のペースで覚えるタイプです。私自身も中学の時は塾に通っていましたが、高校の時は、放課後は通信教育で勉強していました。ですので、子どもを見ていると、行動とかも似てくるのかなと思いました。

ですので、お子さんを教えるときも、どういうタイプか見ながら、自分がどういう風だったら覚えやすかったか学生時代を思い出しながら、教えるのもいいかもしれませんね。

今後ともよろしくです:)